悩んだら不倫サイトで相談してみよう

既婚者が不倫をする場合について考えてみると、結婚生活に違和感を持っている人というのは不倫に走る確率が高くなるようです。
離婚を考えるほどじゃないけど、どうも何か違うとモヤモヤしたものを抱えている人というのは意外に多いものです。
とはいえ、不倫は許されることではありません。バレた場合はきちんと責任を取らなければなりません。不倫をされた方としては、きっちり落とし前をつける権利があります。
しかし、不倫をされた方にも原因がある場合もあります。普段から結婚相手をないがしろにするような態度を取っていたとか。あるいは、物わかりがよすぎる場合などです。
不倫の事実が明るみになっても、簡単に許してしまうようでは、また不倫に走ってしまうことでしょう。ときには厳しい態度で臨むことも大事です。
ただ、不倫というのは人によって状況が異なるわけで、疑いを抱きつつ一人で悩む人もいるでしょう。逆に、独身女性が不倫をしていて、相手の奥さんに申し訳ないと悩むようなケースも考えられるでしょう。
不倫の相談はなかなかしづらいものです。そんなときはネットを利用するといいかもしれません。ネット上には不倫サイトなどあり、たくさんの先輩方がアドバイスしてくれるかもしれませんよ。

刺激を求めて不倫に走る男たち

素敵な奥さんと子供たちがいて、家庭は円満でそれなり幸せを感じていても、代わり映えのしない日々を過ごしていると、ふと「こんな人生でよかったのだろうか」とむなしくなる瞬間があるのではないでしょうか。
不満はないけど、これといった充実感もないという毎日に、物足りなさを感じる時というのはあるものです。
そんなとき、ある女性のことが気になり始め、次第に胸が高鳴る自分に気づくこともあるでしょう。思い切ってデートに誘ってみますが、いい返事はもらえません。
ここであきらめる人もいれば、あきらめきれない人もいます。こんなに胸がときめくのはずいぶん久しぶりです。なんとか彼女のハートを射止めたいと思う人もいるのです。
そして、とうとうデートの誘いを受け入れてくれ、ホテルへ行って激しいセックスを堪能したとします。といったような普段にはない刺激を欲しがっている男性も少なくないのではないでしょうか。
一方、そんなリスクのあることはできないと考えている男性でも、女性の方から誘われ、軽い気持ちで応えたものの、若い女性とのセックスにハマってしまうケースも考えられるでしょう。
いずれにしても、幸せな家庭を壊すつもりは毛頭ないのですが、こうした刺激を味わってしまうと、さらなる刺激を求め始めるものなのです。
よほど自分を律することができないようだと、こうした罠にはまってしまうので気をつけたいものですが、そうした刺激が心の穴を埋めてくれることもあるので、一概に良い悪いは言えないのですよね。

人妻との不倫は最高だがリスクも高い

インターネットの普及によって、人妻たちが元気づいています。現在では人妻の不倫もめずらしいことではなくなっているのです。
人妻が不倫に走る要因としては、旦那とのセックスレスであったり、単なる好奇心であったり、それぞれでしょうが、面倒くさい恋愛抜きでセックスを楽しみたい男性からすれば、たいへんありがたい存在でもあります。
これは、不倫をする人妻にとってもありがたいことで、お互いにセックスを楽しむだけの関係ですから、恋愛感情がこじれてトラブルになるような心配もないわけですからね。
もし独身女性であれば、割り切った関係のはずが、恋愛感情が生まれ、結婚を迫られたりすることもあるので、それなら最初からそうした心配のない人妻が喜ばれるわけです。
人妻にしても、相手の男性から恋心を抱かれるのは困ります。家庭を壊す気なんてさらさらないわけですからね。
ただ、人妻の不倫は、バレた時のリスクが非常に高いと言えます。旦那の不倫であれば、二度としないことを誓わせて元の鞘に収める可能性も高いわけですが、奥さんが不倫をしたことがバレた時、旦那は簡単には許さないでしょう。
また、いくら避妊をしても妊娠のリスクはつきまとうわけですから、これなどは非常にハイリスクと言えるわけです。

ささいなことでバレるのが不倫

不倫ということになれば、その二人は連絡も取らなければなりませんし、どこかで会う必要があるわけですが、誰に見られるかわからないのが恐ろしいところです。
絶対にバレないようにしなければならないのが不倫ですから、細心の注意を払っているつもりなのでしょうが、なぜかバレてしまうのも不倫なのです。
はっきり現場を押さえられたわけではないにしても、ちょっとしたことで疑念を生じさせてしまうこともあります。
よくある話が、ホテルでシャワーを浴びたときの石けんの匂いですよね。奥さんというのは女性ですから、こうしたことに敏感です。
不倫相手からもらったプレゼントにも要注意です。奥さんはおかしいと感づくわけですよ。
不審に思った奥さんの詰問に対し、なんとか言いつくろうわけですが、堂々としていればいいものを、どうしても挙動不審になりがちで、さらに疑惑が深まる結果になったりするものです。
どんなに注意をしていても、気づかれてしまうのが不倫なのです。たとえば、不倫相手と食事をしたとします。そのときのレシートをつい財布の中に入れたままにしていたとしましょう。
それが見つかり、言い訳をするのですが、奥さんはさまざまな状況をシミュレーションし、疑わしいと判断し、そのときの受け答えでさらに怪しいと思うわけです。

誰かが傷つくのが不倫

不倫というのを大きく二つのタイプの分ければ、愛のある不倫と愛のない不倫に分けることができるかもしれません。
愛のない不倫というのは、いわゆるセフレのような関係で、セックスだけを楽しむ関係といっていいでしょう。
もちろん、現実はもっと複雑でしょう。不倫の一方は本気でも、もう一方は遊びでしかないようなケースも考えられます。
セフレのような不倫であれば、お互いに割り切った関係だと納得しているので、別れることになったとしても、どちらも傷つくようなことはありません。バレないうちに別れるのであれば、何も問題はないといっていいでしょう。
愛のある不倫の場合は、そういうわけにいかないことが多いわけです。どちらか一方、あるいは両方が傷つくことになりそうです。
ところで、不倫が発覚して傷つくのは当事者だけではありません。不倫をされた側も傷つくわけです。
不倫をされた側というのは、家族のこともあって、問題はさらに複雑になり、泥沼になる可能性もあります。
不倫されたことを許せるのであれば、それに越したことはありません。許して元の鞘に収まるか、許して別れ、新たな人生を歩み始めるか、人それぞれでしょう。
不倫相手にパートナーを奪われた場合は、まず許すことはなさそうです。慰謝料をもらったとしても、心の傷はなかなか癒されないことでしょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ